はじめての白髪染めの失敗談

はじめての白髪染めの失敗談

いつかは、白髪染めをするようになると思っていましたが、まだまだ先のことだったはずでした。ですが、1本2本と増えていき、
ついに白髪染めデビューです。
若い頃もカラーとか染めたことがなかったので、染めることじたいもデビューです。薬局にいくと沢山メーカーや色もありすぎて、決めるのに一苦労!
30分ほど悩んで買ってきました。娘たちがカラーで染めているのは、みたことがあったのですが、自分でやるのは、まったくのはじめてなので、あ〜でもないこーでもないとやっていると、見かねた娘が手伝ってくれました。なんと手際のいいこと。

 

初めて使ったのは、二つの液体を混ぜるタイプで髪全体にまんべんなく塗った後、時間をおき、洗うのですが、皮膚につくとあとで、すぐには、落ちなくなります
洗面所でやった時には、その時はわからないのですが、時間が経つとカラーの色がうきあがってきて、壁紙についてしまったら、ただふいたのでは、とれません。
友達と出かける前の日に手袋をはずしてしまった所に白髪染めがついて、友達に手どうしたの?といわれる始末。その後は、新聞紙などひきつめたり壁にもビニール張ったり、大変です。美容院で染めれば、そんなこともありませんが、高いので、だいたい自分で染めてます。
最近は、ブラシタイプでいいものがでていますから、前に比べたらきれいに、染まり、何度もやっているので、手際よくなりました。
これもなれですね。